時速20キロの風

日々雑感・自転車散歩・読書・映画・変わったところで居合術など。

居合

無双直伝英信流 中伝 「浮雲」が左足の外側に斬り下ろす理由

「浮雲」ほど動作の意味がわからない型はない。と個人的に思う。立膝で横一列に並んで座っている状態で、一人挟んでその隣の人物が、刀の柄を取りに来たので、立ち上がってそれを避け、邪魔になるので隣に座っている人物を柄で追い払い、柄を取りに来た人を…

居合術で肩こり対策

刀を左腰に差して右手で抜こうとすると、これが実は抜けないのだ。だから鞘引きを行う。鞘引きとは、左手で鞘をつかんで後ろに引く行為をいう。右手で抜きながら、左手で鞘を後ろに引くことで、長い刀をすらりと抜くことができる。 立合いの場合はこれでいい…

「土下座~」からいきなり斬りつけるって、そんなんあり?な居合の話

無双直伝英信流 奥伝立業の最後の業「暇乞(いとまごい)」 奥伝立業の部の最後に入っているのだが、正座から始まる。 暇乞いなので、お別れのあいさつであって、「詫びろ!詫びろ!詫びろ!」からの土下座ではないが、正座して手をついて頭を下げるという動…

「運動不足」に、お部屋で日本刀を振ってみません? 居合のススメ

今週のお題「運動不足」 日本刀を振ってみませんか?と書いてみたものの,おススメしている当の本人が、緊急事態宣言以降、もう長らく稽古にもいっていないので、どうにも説得力がない。しかも、居合を始めた動機が、基本的に一人で行う型稽古で、面積として…

デニム着物で快適ステイホーム

宣伝くさいタイトルをつけてしまった。が、本当にわりとおすすめなので、そうなった。 さて、僕が居合をはじめて身についたもののひとつに「和服を知ったこと」と「古着に抵抗なくなったこと」がある。 何の関係があるのか、というと、実は大ありで、連盟に…

コロナ時代なので、居合道をおススメします。

剣道など武道の試合や稽古において、気合や発声は大事な要素であるのだが、コロナの影響でそれらが禁止されているケースがあるという。なるほど、それまで発声を必須としていた稽古で急に声を出すなと言われたら、なかなかに戸惑うだろうし、剣道の試合など…